: 63%以上節約 dZERO そんな親なら捨てちゃえば? 日本一醜い親への手紙 新色

: dZERO 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

: dZERO そんな親なら捨てちゃえば? 日本一醜い親への手紙 新色 2034円 : dZERO 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば? 本・雑誌・コミック 人文・地歴・社会 社会・政治 女性・家庭問題 : dZERO そんな親なら捨てちゃえば? 日本一醜い親への手紙 新色 :,そんな親なら捨てちゃえば?,日本一醜い親への手紙,/curatorium554781.html,dZERO,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・社会 , 社会・政治 , 女性・家庭問題,2034円,fukunoyu1010.com 2034円 : dZERO 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば? 本・雑誌・コミック 人文・地歴・社会 社会・政治 女性・家庭問題 :,そんな親なら捨てちゃえば?,日本一醜い親への手紙,/curatorium554781.html,dZERO,本・雑誌・コミック , 人文・地歴・社会 , 社会・政治 , 女性・家庭問題,2034円,fukunoyu1010.com

2034円

: dZERO 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?



日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

ブランド
モデル
商品説明内容紹介


「東大出のクズ」
「死んでも許さない」
「墓参りには行かないから」
「じゃあね、お母さん」
「幸せになってみせます」

親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた訣別と希望と勇気の100通。

■「はじめに」から抜粋 本書は、親から虐待された方々から「親への手紙」を公募し、一〇〇名分を収録したものです。
同様の本を、一九九七年に『日本一醜い親への手紙』(メディアワークス)として発表しました。
その数年前、母への感謝の手紙を収録した『日本一短い「母」への手紙』が二〇〇万部の大ベストセラーになっていました。
一見美しい感謝の手紙を読むにつけ、僕は違和感を覚えたのです。
「なぜこの本の読者は子どもに感謝を求めるのだろう」と。

子ども視点で虐待を語る人はまだ少なく、逆に一〇歳の子どもに親への感謝を強いる「2分の1成人式」をやりたがる親が増え、虐待される側の声に耳を傾けません。

二〇年待っても、多くの市民が本気で子ども虐待という深刻な社会的課題を根本的に解決したがらない。
その現実を前に「本当にそれでいいの?」と問いかけたくて、本書を企画し、二〇一七年春に手紙を新たに公募しました。 (Create Media 今一生)


出版社からのコメント


児童虐待の相談件数はこの25年間で100倍に増え、5日に1人の割合で虐待によって子どもが命を落としています。
少子化を憂える一方で、子どもの人権や命が軽んじられている、 それが今の日本の現状です。
本書は、その薄ら寒い社会に100石を投じます。


内容(「BOOK」データベースより)


「東大出のクズ」「死んでも許さない」「あんたたちとは違う」「じゃあね、お母さん」「生き抜いてみせる」親からの虐待を生き延びたサバイバーたちが書いた訣別と希望と勇気の100通。


著者について


■Create Media
Create Media(クリエイトメディア)は、フリーライター今一生(こんいっしょう)が編集者として活動する際の名称。今一生は1965年、群馬県に生まれる。千葉県立木更津高校卒、早稲田大学第一文学部除籍。1997年、親から虐待された人たちから公募した手紙集『日本一醜い親への手紙』の三部作をCreate Mediaとして企画・編集。「アダルトチルドレン」ブームを牽引する。〔公式サイト〕www.createmedia.co.jp Create Mediaの編著書には『子どもたちの3.11』(学事出版)、『パパとママからのラブレター』(ノンカフェブックス)、今一生の著書には、『社会起業家に学べ! 』(アスキー新書)、『よのなかを変える技術 14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)、『プライドワーク 自分をつくる働き方』(春秋社)、『猫とビートルズ』(雨樹一期・写真、金曜日)などがある。

■信田 さよ子
臨床心理士、原宿カウンセリングセンター所長。1946年、岐阜県に生まれる。駒木野病院勤務、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長を経て、1995年原宿カウンセリングセンターを設立。アルコール依存症、摂食障害、ひきこもり、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待に悩む人たちやその家族のカウンセリングを行っている。

■東 小雪
元タカラジェンヌ、LGBTアクティビスト、株式会社トロワ・クルール取締役。1985年、石川県金沢市に生まれる。実父からの性虐待を告白した著者『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』(講談社)を2014年に上梓。LGBTや性虐待をテーマにした講演・支援活動を展開している。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)


Create Media
フリーライター今一生が編集者として活動する際の名称。1965年、群馬県に生まれる。千葉県立木更津高校卒、早稲田大学第一文学部除籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

: dZERO 日本一醜い親への手紙 そんな親なら捨てちゃえば?

▲ページ先頭へ

Click here to watch the video:
100th Anniversary of Jikei University Urology